採用情報

Recruit information

日本の食文化である江戸前鮨を極め一緒に夢を叶えよう!!

職種
[1]鮨職人を本気で目指す見習い
[2]板前 ※経験年数不問
[3]ホールスタッフ
勤務時間
10:00 ~ 24:00 ※休憩有・交代制
給与形態
[1]月給18万以上
[2]月給25万以上
[3]月給20万以上
※昇給有、業績賞与2回、経験・能力考慮
休日休暇
年間休日104日(月7日~11日程度)
※GW・夏季・年末年始含む(暦により日数変動)
待遇・福利厚生
交通費全額支給(規定有り)、まかない補助、各種社会保険完備
応募方法
電話 03-5489-9877(11:00 ~ 17:30 担当 若槻)
(不在時は折り返します。)
メール wakatsuki2014@icloud.com
(休日等により、ご返信が遅れる場合がございます。お手数ですが営業日をご確認頂けます様お願い致します。)

I・Uターンプロジェクト

I・Uturn project

島根県出雲市出身の店主若槻剛史が、
鮨を架け橋に島根と東京を繋ぐ

今の東京の鮨業界は海外に向けての出店が多く、鮨職人、見習いなどなかなか見つける事ができないのが現状です。

腕のいい鮨職人が世界へ出て行く事も大切ですが、私が思うのは、逆に地方から東京へ出て来た若い子が、地元へ戻り日本の鮨業界を盛り上げる事も、とても大切だと思います。

地方にはそれぞれ地元ならではの魅力ある食材がたくさんあります。
私は東京へ来て改めて、地元島根の食材の素晴らしさに気付きました。

そこで、私は地元島根にむけて東京で頑張りたい鮨職人、見習いの募集をかけてみたいと思っています。

私自身 東京へ出て来た時は、何のあてもなくとても不安で勇気がいったことをよく覚えています。

今回募集をかけることで、そんな若い子の背中を押してあげ、一歩を踏み出すきっかけを作る事ができたらいいなと思っております。

そして、ゆくゆくは地元に戻り、2店舗目、独立などの形で島根と東京を繋ぐ手助けができたら、とても嬉しく思います。

いつの日かこの夕日をバックに握れる日を夢見て!!

店主 若槻剛史
店主 若槻剛史(ワカツキタケシ)
1976年3月5日 島根県生まれ。

幼いころから料理の世界に興味を持ち、細やかな仕事がきっと自分に向いていると16歳で鮨の修行に入る。
10年間、島根県で和食・鮨店で腕を磨き上京。
東京 恵比寿【鮨 竹半】に入社したことで「鮨」の奥深さに改めて感動し、竹内明夫氏に師事。本格的に『江戸前 鮨』を学ぶ事に。
2013年、二代目として店を受継ぎ「鮨 竹半 若槻」としてスタート。
ミシュランガイド ビブグルマンにも掲載されました。
日々の積み重ねを大切に『鮨道』に精進しております。