鮨竹半の歴史

History

初代 竹内明夫、渋谷道玄坂「亀鮨」にて修行。

愛知県半田市から19歳で上京。
渋谷道玄坂「亀鮨」にて修行。

昭和 41 年

桜丘「和泉鮨」にて修行。

昭和 53 年

板橋区大山に「鮨竹半」開店。

半田市出身の竹内で「鮨竹半」を命名。

昭和 57 年

清子さんとご結婚。

平成 5 年 4 月

恵比寿に「鮨竹半」開店。

平成 7 年 7月

若槻 剛史、入社。

16歳から地元島根で鮨と和食を経験し、
26歳で上京 鮨竹半の門をたたき
東京でのレベルの高さに衝撃を受ける
修行中、大きいお店で経験したいと
銀座 すし屋の勘八で腕を磨く。

平成 13 年 5 月

先代の親方、女将さんに戻って来いと声を掛けて頂き、ここで骨を埋める覚悟で鮨竹半に出もどる

平成 17 年 3 月

初代 竹内明夫、三年間の闘病生活の末 永眠。

その後、妻の清子さんと鮨竹半を支える

平成 21 年 5 月 11 日

妻 清子さん病に倒れる。

初代 竹内明夫、妻 清子さんの思いを胸に
「鮨竹半2代目」として初代の業と店を受け継ぐ。

平成 22 年

妻 清子さん 永眠。

平成 24 年 12 月 31 日

「鮨竹半」を「鮨竹半 若槻」に改名。

先代からの仕事を大切に時代に合わせ
若槻の色も少しずつ出してゆく!

平成 25 年 3 月 5 日

有限会社 竹半に社名を変更。

平成 29 年 3 月 30 日

新店舗2階に「鮨竹半 若槻」、リニューアルオープン。

カウンター席のみの
木のぬくもりを感じられるゆったりとした空間

平成 29 年 6 月

同時期、鮨竹半 の姉妹店 NEW STYLE「KARUME」を開店。

KARUME(軽め)に江戸前鮨を楽しむをコンセプトに粋でいなせなKARUMEのおもてなし。

平成 29 年 6 月

新型コロナウイルスの影響を受け、鮨竹半 KARUME 苦渋の決断の上 閉店

令和 2 年

鮨竹半若槻

「先代の親方」「KARUME」の思いを背負って
スタッフ一同 「鮨道」に精進いたしております。

若槻 剛史

現在